お手もとに「大好き」をつめこみます

趣味は?と聞かれればもちろん真っ先に「吹奏楽!」と答えますが、私は吹奏楽のほかに、文章を書くのが大好きです。

兼好法師ではありませんが、ふと思ったことをつらつら書いていくと、なんだか楽しくなってきます。

 

最近は、スプリングコンサート2016のプログラムの曲目紹介を書くことが楽しいです。

私は1部の曲目紹介を担当しています。1部は私の大好きな曲ばかりで、キーボードに向かう指にも力が入ります。特に、エンターキーは強めに叩きます。

オープニングは賑やかでメルヘンな曲、2曲目はちょこまか可愛い小品、そして3曲目は吹奏楽のいわば重鎮。団員の「大好き」がぎゅっとつまった選曲です。

 

思いつくままに紹介文を書いていくと、次々に曲のいいところが見つかって、曲がもっと好きになります。すると書きたいことがどんどん増えて、予定を大きく上回るボリュームの文章になってしまいます。

曲目紹介を書いていて悲しいのは、スペースの制約上、書きたいことのすべてを書くことができないこと。泣く泣く書いた文章を減らしていきます。エンターキーは強めに叩きますが、デリートキーを押す指には力が入りません…。

 

こうして厳選された言葉が、ご来場くださったみなさまのお手もとに行き渡ります。もちろん演奏もお楽しみいただけるよう全力で頑張りますが、ぜひプログラムにも目を通してください。私だけでなく、たくさんの人の、汗と涙の結晶です。

 

4月24日午後4時より、立命館いばらきフューチャープラザにて、ご来場お待ちしております!

2017年04月26日 更新 under 一般

Comments are closed.