なんちゃってリペアマン

スプリングコンサートまで残り1週間を切りました。

本番を目前に控え、体調だけでなく楽器のコンディションも、1週間後には本番仕様になっているよう、団員共々準備中です!

 

さて、昨日はトロンボーンパートで、壊れたミュートの修理をしました。

ミュート本体を差し込んだ時に、楽器と直に触れ合う部分のコルクが取れてしまいました。これでは使えません。

ミュートに残ったコルクの残骸をはがし、ミュートの曲面にピッタリ合うようにコルクの形を紙やすりで変え、瞬間接着剤でくっつけました。

DSC08598 (1) DSC08604

そして修理完了したミュートがこちらです!!

 

 

 

DSC08610

 

 

 

メイン曲のシンフォニア・ハンガリカでは、このミュートが大活躍します!強奏時の、独特のビリっとした音がたまりません。

みなさま、お楽しみに♪

2015年04月20日 更新 under 一般

Comments are closed.